ホーム > 基金の概要 > ごあいさつ

ごあいさつ

「自利利他、公私一如」。かつて住友の先人達は、その事業の推進にあたり、自然環境との調和を考え、社会への貢献をつねに念頭に置いてきました。

住友電工グループでは2007年の創業110年を機に、住友事業精神や住友電工グループ経営理念に則り、「人材の尊重」「技術の重視」「よりよい社会・環境づくり」をテーマとして、自律的、継続的な社会貢献活動を推進するべく「住友電工グループ社会貢献基本理念」を制定しました。

ごあいさつ

住友電工グループ社会貢献基金は、この基本理念のもと、「Glorious Excellent Company」をめざす住友電工グループにふさわしい社会貢献を実現するため、国内外の様々な分野における人材育成と学術振興を行うことを目的として、2009年4月に設立しました。

当基金では、この目的の達成のため、(1)大学講座への寄付や、(2)海外の大学に在学する現地学生への奨学金支給、(3)日本への外国人留学生に対する奨学金支給、(4)国内外の初等・中等・高等教育への助成、(5)学術・研究助成、(6)スポーツ・文化・芸術支援を通じた青少年の育成などの事業を積極的に行って参ります。

当基金は、これらの事業を通じて、人類の豊かで安心な社会の実現に向けて、誠に微力ではありますが、一隅を照らす貢献を果していきたいと考えております。

2010年3月9日

公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金

理事長 松 本 正 義

【自利利他、公私一如】
第二代総理事・伊庭貞剛(いばていごう)の「住友の事業は住友自身を利するとともに、国家を利し社会を利する底の事業でなければならぬ」という言葉にあるように、常に公益との調和を図る経営姿勢は住友の伝統であり、その根底には「社会への報恩」の精神があります。
ページの先頭へ